スポンサーリンク

Androidの父が設立したEssentialがスマートフォンEssential PH-1を発表、3辺ベゼルレス設計に


essential

米国のEssential ProductsはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「Essential PH-1」を発表した。

Essential Productsとしては初めてのスマートフォンである。

OSにはAndroidを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 835 Mobile Platform (MSM8998)を搭載する。

CPUはクアッドコアの2.45GHzとクアッドコアの1.9GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約5.71インチQHD(1312*2560)LTPS液晶を搭載している。

カメラはリアに2個の約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

リアはデュアルカメラとなり、カラーセンサとモノクロセンサで構成される。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/1700(B4/B66)/ 1500(B11/B21)/900(B8)/ 850(B5)/800(B20/B26)/ 700(B12/B13/B17/B28/B29) MHz, TD-LTE 3700(B43)/3500(B42)/2600(B38)/ 2500(B41)/2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0/BC10) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

電池パックは内蔵式で、容量は3040mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

リアには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

筐体はフロントパネルがCorning Gorilla Glass 5、サイドフレームがチタン、リアパネルがセラミックとなる。

カラーバリエーションはBlack Moon、Stellar Grey、Pure White、Ocean Depthsの4色展開である。

販売価格は699米ドル(約78,000円)に設定されており、特定地域への送料が含まれている。

なお、Essential Productsはアンディ・ルービン氏が設立した企業である。

アンディ・ルービン氏はAndroidを設立し、GoogleによるAndroidの買収後はGoogleでAndroidプラットフォームの担当幹部を務めていたことから、Androidの父とも呼ばれる。

essential
Essential Products

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK