スポンサーリンク

フロントに約1600万画素カメラを搭載したスマートフォンWiko WIM LiteがGCF通過



Shenzhen Tinno Mobile Technology (深圳市天瓏移動技術)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「WIM Lite」が2017年6月20日付けでGCFを通過した。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/800(B20) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzで認証を受けている。

LTE UE Category 6に対応しており、通信速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

WIM LiteはWikoブランドのスマートフォンとしてフランスのWikoより発表済みである。

エントリークラスのスマートフォンで、フロントには約1600万画素のカメラを搭載する。

欧州における価格は249.99ユーロ(約31,000円)に設定されている。

なお、Wikoはフランスのマルセイユに本社を置く企業で、中国の深圳に本社を置くShenzhen Tinno Mobile TechnologyがWikoに出資している。

wimlite
GCF – Tinno WIM Lite

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK