スポンサーリンク

UAEのEtisalatがナイジェリアから撤退か、経営破綻のEMTSと管理契約を終了


etisalat

アラブ首長国連邦(UAE)の移動体通信事業者でEtisalatブランドを展開するEmirates Telecommunications Corporationはナイジェリアの移動体通信事業者であるEmerging Markets Telecommunication Services (EMTS)と管理および技術支援に関する契約を終了したと発表した。

Emirates Telecommunications Corporationは契約に基づいて少数株主としてEmerging Markets Telecommunication Servicesに資本参加し、多方面からEmerging Markets Telecommunication Servicesの事業を支援してきたが、2017年6月30日に契約を終了したという。

また、Emirates Telecommunications CorporationとEmerging Markets Telecommunication Servicesが契約しているEtisalatブランドの利用権も2017年6月30日が当初の契約終了日であったが、Etisalatブランドの利用権は2017年7月21日まで延長したとのことである。

Etisalatブランドの利用権などを含めてEmirates Telecommunications Corporationは新たな合意に向けてEmerging Markets Telecommunication Servicesと交渉中としているが、協議の結果次第ではナイジェリアから撤退する見通し。

Emerging Markets Telecommunication Servicesは債務不履行に陥り、一部の少数株主が資本を引き揚げているが、ナイジェリアの政府機関で電気通信分野を管轄するNigerian Communications Commission (NCC)がEmerging Markets Telecommunication Servicesの崩壊を防ぐために介入し、問題の解消に向けて取り組んでいるという。

アフリカで事業規模の拡大を狙う英国のVodafone GroupやフランスのOrangeがEmerging Markets Telecommunication Servicesへの出資に関心を示している模様である。

Etisalat

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK