スポンサーリンク

UQ CommunicationsがWiMAX 2+を下り最大558Mbpsに高速化


UQ CommunicationsはWiMAX 2+によるデータ通信サービスの通信速度を下り最大558Mbpsに高速化すると発表した。

WiMAX 2+はTD-LTE方式と高い互換性を確保したWiMAX Release 2.1 Additional Elements (WiMAX R2.1 AE)方式によるデータ通信サービスで、これまでキャリアアグリゲーション(CA)や4×4 MIMOを導入しているが、CAや4×4 MIMOに加えて新たに256QAMを適用して通信速度を下り最大558Mbpsに高速化する。

下り最大558Mbpsは2017年9月1日より東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリアで利用できる。

まずはモバイル無線LANルータのSpeed Wi-Fi NEXT W04 (HWD35)が下り最大558Mbpsに対応する。

Speed Wi-Fi NEXT W04 (HWD35)ではハイスピードモードであれば下り最大558Mbpsとなり、ハイスピードプラスエリアモードであればWiMAX 2+とKDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneが提供するFDD-LTE方式による4G LTEを束ねたCAにより下り最大708Mbpsとなる。

なお、下り最大558Mbpsまたは下り最大708Mbpsで利用する場合、最新のソフトウェアにアップデートするよう案内している。

hwd35
UQ Communications

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK