スポンサーリンク

狭額縁設計EDGEST fitを採用したSHARP AQUOS R compactを発表


aquosrcompact

SHARPはスマートフォン「SHARP AQUOS R compact」を発表した。

狭額縁設計のEDGEST fitを採用したスマートフォンである。

EDGEST fitは従来のEDGESTをさらに進化させたとのことで、従来の3辺狭額縁に加えてディスプレイの角は丸みを帯びており、フロントのカメラ部分はディスプレイが欠けたデザインとなる。

IGZOフリーフォームディスプレイを採用することで、革新的なデザインのEDGEST fitを実現したという。

OSにはAndroid 8.0 Oreo Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 660 Mobile Platform (SDM660)で、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約4.9インチFHD+(1080*2032)ハイスピードIGZO液晶を搭載する。

ハイスピードIGZO液晶ディスプレイは120Hz駆動で、動きの激しい動画やスクロール時の文字の残像を抑えて滑らかに表示できる。

リアのカメラは焦点距離が約25mm相当の広角レンズを搭載し、位相差AFとコントラストAFを組み合わせたハイブリッドAFに対応している。

フロントのカメラは約23mm相当の広角レンズを備えており、フロントのカメラを上部に配置することで、自然な目線での自分撮り(Selfie)が可能となる。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

カラーバリエーションはムーンホワイトとトルマリンブラックを用意している。

2017年冬モデルより製品化する計画である。

aquosrcompact
SHARP

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK