スポンサーリンク

120Hz駆動のIGZO液晶や8GB RAMを搭載したRazer Phoneを発表


米国のRazerはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM端末「Razer Phone (RZ35-0215)」を発表した。

モバイルエンターテインメントの究極としており、Razerが展開する初めてのスマートフォンである。

OSにはAndroid 7.1.1 Nougat Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 835 Mobile Platform (MSM8998)を搭載し、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは120 Hz UltraMotion screenと呼ばれる120Hz駆動の約5.7インチWQHD(1440*2560)IGZO液晶を搭載する。

カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサと約1300万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2/B25)/1800(B3)/1700(B4/B66)/ 900(B8)/850(B5)/800(B19/B20/B26)/ 700(B12/B17/B28/B29) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)を利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、容量は4000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用しており、急速充電のQualcomm Quick Charge 4+を利用できる。

フロントにはDolby Atomos技術を適用したスピーカーを搭載し、音響性能も強化している。

米国、カナダ、英国、アイルランド、ドイツ、スウェーデン、フランス、デンマークで販売することが決まっている。

価格は米国で699.99米ドル(約80,000円)、ユーロ圏で749.99ユーロ(約99,000円)、英国で699.99英ポンド(約106,000円)に設定されている。

razerphone
Razer

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK