スポンサーリンク

SoftBankが芝大門エリアで4.5GHz帯を利用した5G実証実験を実施へ


softbank

SoftBankは中国のZTE (中興通訊)と協力して東京都港区の芝大門エリアで第5世代移動通信システム(5G)の実証実験を実施すると発表した。

SoftBankは5G向け候補周波数帯のひとつである4.5GHz帯の実験試験局免許を2017年11月20日付けで取得しており、2017年11月から4.5GHz帯を利用して5Gの実証実験を実施するという。

実験試験局免許は基地局数が4局、周波数帯が4.5GHz帯、帯域幅が100MHz幅である。

実証実験では5Gで使用する予定の新たな無線インタフェースを採用し、5Gの商用サービスを想定して5G向け候補周波数帯における高層ビルなどの遮蔽物があるフィールド環境での電波伝搬特性の検証、高速移動時のハンドオーバーの検証、Massive MIMOやMultiUser MIMOなどの要素技術を用いた超高速ブロードバンド通信などの検証を行う。

なお、SoftBankは2020年頃に5Gの商用サービスを開始することを目指している。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK