スポンサーリンク

プラスワン・マーケティング、MAYA SYSTEMに携帯端末事業とFREETELブランドを譲渡


FREETELブランドを展開するPlus One Marketing (POM)はMAYA SYSTEMに携帯端末製造販売事業およびFREETELブランドを譲渡することで合意したと発表した。

両者間の合意に基づいてPlus One Marketingは同社が運営するスマートフォンなど携帯電話機器の製造および販売の事業とFREETELブランドをMAYA SYSTEMに譲渡する。

事業譲渡の予定日は2018年1月9日となっている。

Plus One Marketingは2017年12月4日付けで東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、2017年12月30日までスポンサー候補のMAYA SYSTEMと協議を実施してきた。

両者間の協議を重ねた結果、Plus One Marketingの携帯端末製造販売事業をMAYA SYSTEMに譲渡することになり、エンドユーザへのサポート体制および販売の早期再建を狙うと説明している。

これからのサポート体制に関しては、事業譲渡の手続きが完了後に案内する予定という。

MAYA SYSTEMは世界各地への渡航者を対象としてモバイル無線LANルータのレンタルサービスなどを展開しており、Plus One Marketingより携帯端末製造販売事業を譲り受けることで、さらなる事業の拡大と強化および販売やサポート体制の確立を狙うという。

FREETEL
MAYA SYSTEM

■関連記事
FREETELブランドのプラスワン・マーケティング、民事再生法の適用を申請
楽天がプラスワン・マーケティングの国内MVNO事業を買収すると発表

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK