スポンサーリンク

タイのAISとTOTが2.1GHz帯の周波数借用や国内ローミングで合意


タイの移動体通信事業者(MNO)であるAdvanced Info Service (AIS)およびTOTは「2100MHzモバイルビジネスアライアンス契約」として2.1GHz帯における周波数の借用や国内ローミングで合意した。

Advanced Info Serviceは子会社のAdvanced Wireless Network (AWN)を通じて2.1GHz帯を保有しているが、TOTより2.1GHz帯を借用して2.1GHz帯におけるサービスの強化を図る。

借用期間はTOTの2.1GHz帯のライセンスが満期を迎える2025年までとなり、Advanced Info Serviceは1年あたり130億~140億タイバーツ(約457億~492億円)程度をTOTに支払う。

また、Advanced Info ServiceとTOTは国内ローミングに関する契約も交わしており、TOTの加入者は2025年まで国内ローミングとしてAdvanced Info Serviceが運用する2.1GHz帯のネットワークを利用可能となる。

TOTは提供エリアが限られているが、Advanced Info Serviceはタイ全土でネットワークを整備しており、国内ローミングによってTOTの加入者は利用できるエリアが大幅に拡大する。

国内ローミングではTOTが1年あたり100億タイバーツ(約352億円)前後をAdvanced Info Serviceに支払う見込みとしている。

なお、Advanced Info ServiceにはシンガポールのSingapore Telecommunications (新加坡電信:Singtel/新電信)などが出資し、TOTはタイの政府機関である財務省(Ministry of Finance)が所有する国有企業である。

TOT

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK