スポンサーリンク

ミャンマーのTelenor Myanmarが2017年の人気メーカーを公開、ファーウェイがトップ


ノルウェーのTelenorの全額出資子会社でミャンマー(ビルマ)の移動体通信事業者(MNO)であるTelenor Myanmarは2017年における携帯電話の人気動向に関する分析結果を発表した。

分析対象はTelenor Myanmarの加入者で、最も人気が高いメーカーは中国のHuawei Technologies (華為技術)となった。

Telenor Myanmarが擁する1,900万以上の加入者のうち、24%がHuawei Technologiesの携帯電話を選択しており、ほかの中国メーカーも存在感を高める中で主導権を維持した。

Huawei Technologiesに次ぐ2位は韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)で、Telenor Myanmarの加入者のうち13%がSamsung Electronicsの携帯電話を選んだ。

さらに、中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)、中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)、中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)が続いて上位5社に入った。

米国のAppleは上位5社から外れており、Telenor Myanmarの加入者のうちわずか1%にとどまるという。

また、Telenor Myanmarの加入者のうち約80%がスマートフォンを使っており、大半の加入者がスマートフォンを使用していることになる。

Telenor Myanmar

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK