スポンサーリンク

中国のスマホブランド格付け、ファーウェイが1位に


中国のブランド格付け機関であるChnbrand (中企品研(北京)品牌顧問)はスマートフォンのブランドを格付けした中国顧客推薦度指数の2018年版を公開した。

スマートフォンのブランド格付けは24のブランドが掲載されており、上位から順にHUAWEI (華為)、Apple (苹果)、GIONEE (金立)、Motorola (摩托羅拉)、OPPO (欧珀)、DOOV (朵唯)、vivo (維沃)、Xiaomi (小米)、LG、SAMSUNG (三星)、Meizu (魅族)、Honor (荣耀)、CHANGHONG (長虹)、Sony (索尼)、Nokia (諾基亜)、K-Touch (天語)、LeEco (楽視)、ZTE (中興)、Lenovo (聯想)、Haier (海爾)、Coolpad (酷派)、HTC、TCL、Philips (飛利浦)となった。

1位のHUAWEIブランドを所有するHuawei Technologies (華為技術)はHonorブランドも展開しており、Honorブランドは12位に入っている。

2017年版ではトップ5のブランドが上位から順にApple、HUAWEI、vivo、OPPO、SAMSUNGであり、2018年版ではHUAWEIがAppleを抜いて1位となった。

2018年版ではvivoブランドとOPPOブランドが下落した一方で、高級市場の開拓にも積極的な姿勢を見せたGIONEEブランドやMotorolaブランドが上昇したが、GIONEEブランドを所有するGionee Communication Equipment (深圳市金立通信設備)は資金難が伝えられており、GIONEEブランドのブランド・エクイティに悪影響を及ぼすことは避けられないと思われる。

韓国(南朝鮮)政府による終末高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の配備に反発した中国政府は対抗措置として経済報復を講じ、2017年は多くの韓国企業が中国で苦しんだが、それも影響してかSAMSUNGブランドを所有するSamsung Electronics (サムスン電子)はスマートフォンの販売台数を大幅に減らし、ブランド格付けでも2018年版は10位と2017年版の5位から大幅に下落した。

ほかに赤字経営が続く台湾のHTC (宏達国際電子)が所有するHTCブランドも順位を落とした。

下位には落ち目のブランドも多いため、ある程度のブランド・エクイティを確立したブランドとしてはトップ10以外は無視して差し支えないだろう。

Chnbrand

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK