スポンサーリンク

ウクライナで4G向け周波数オークションが完了、3社が4G LTEを導入へ


ウクライナの政府機関で電気通信分野の規制を担うNational Commission for the State Regulation of Communications and Informatization (以下、NCCIR)は第4世代移動通信システム(4G)向けの周波数オークションを完了した。

対象の周波数は2.6GHz帯となり、落札者には有効期間が15年間で2.6GHz帯における4Gのライセンスを交付する。

周波数はロット1からロット7まで分けられ、帯域幅はロット1が5MHz幅*2を2搬送波、その他のロットが5MHz幅*2を1搬送波となる。

各ロットの周波数範囲は下記の通り。

ロット1:2540.0~2545.0 MHzおよび2660.0~2665.0 MHzと2565.0~2570.0 MHzおよび2685.0~2690.0 MHz (5MHz幅*2と5MHz幅*2、計10MHz幅*2)
ロット2:2535.0~2540.0 MHzおよび2655.0~2660.0 MHz (5MHz幅*2)
ロット3:2530.0~2535.0 MHzおよび2650.0~2655.0 MHz (5MHz幅*2)
ロット4:2525.0~2530.0 MHzおよび2645.0~2650.0 MHz (5MHz幅*2)
ロット5:2520.0~2525.0 MHzおよび2640.0~2645.0 MHz (5MHz幅*2)
ロット6:2510.0~2515.0 MHzおよび2630.0~2635.0 MHz (5MHz幅*2)
ロット7:2515.0~2520.0 MHzおよび2635.0~2640.0 MHz (5MHz幅*2)

各ロットの落札者と落札額は下記の通り。

ロット1:lifecell、601,600,050ウクライナフリヴニャ(約23億6,930万円)
ロット2:lifecell、307,650,501ウクライナフリヴニャ(約12億1,163万円)
ロット3:Kyivstar、293,000,477ウクライナフリヴニャ(約11億5,393万円)
ロット4:Kyivstar、293,000,477ウクライナフリヴニャ
ロット5:Kyivstar、330,301,000ウクライナフリヴニャ(約13億83万円)
ロット6:VF Ukraine、345,000,000ウクライナフリヴニャ(約13億5,872万円)
ロット7:VF Ukraine、286,000,200ウクライナフリヴニャ(約11億2,636万円)

したがって、各社が取得したロットを合算すると、lifecellは連続した10MHz幅*2と5MHz幅*2で計15MHz幅*2、Kyivstarは連続した15MHz幅*2、VF Ukraineは連続した10MHz幅*2を取得したことになる。

いずれも周波数オークションで取得した2.6GHz帯ではFDD-LTE方式の2.6GHz帯(Band 7)を運用する計画である。

なお、lifecellはトルコのTurkcell Iletisim Hizmetleriの全額出資子会社、KyivstarはオランダのVEONの全額出資子会社、VF UkraineはロシアのMobile TeleSystems (MTS)の全額出資子会社である。

VF UkraineはMTSブランドで展開していたが、ロシアが国際的にはウクライナの領土として認識されるクリミア半島を併合したことなどで、ウクライナでは反露感情が高まり、英国のVodafone Groupとブランドライセンス契約を締結してVodafoneブランドで展開している。

また、VEONは旧社名がVimpelComで、過去には本社をロシアに置いていた。

2018年3月には4G向けに1.8GHz帯の周波数オークションも実施する計画である。

NCCIR

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK