スポンサーリンク

米AT&T、最初の5G商用端末はデータ通信専用端末に


米国の移動体通信事業者(MNO)であるAT&T Mobilityは第5世代移動通信システム(5G)に対応した最初の商用端末について言及した。

カンファレンスコールを通じて、5Gに対応した最初の商用端末はスマートフォンではなく、モバイル無線LANルータやUSBモデム型データ通信専用端末のようなデータ通信専用端末になるという。

LTEの商用化直後もLTEの対応端末はスマートフォンではなくデータ通信専用端末のみを用意しており、5Gの商用化直後もLTEの商用化直後と同様となる模様である。

なお、AT&T Mobilityは2018年中に12の都市で5Gを商用化する計画で、米国では最初に移動体通信向けに5Gを商用化する方針を示している。

米国ではVerizon Wirelessも2018年後半に5Gを商用化する方針であるが、Verizon Wirelesはまずは固定通信向けに5Gを提供する計画という。

AT&T

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK