スポンサーリンク

豪州のSingtel Optusが2019年初めに5Gを商用化すると発表


シンガポールのSingapore Telecommunications (新加坡電信:Singtel/新電信)の全額出資子会社で豪州の移動体通信事業者(MNO)であるSingtel Optusは第5世代移動通信システム(5G)を2019年初めに商用化すると発表した。

Singtel Optusは豪州の大都市圏において、2019年初めに固定通信向けで5Gを導入する計画という。

具体的な都市は明らかにされていないが、少なくともシドニーやメルボルンが含まれると思われる。

Singtel OptusはこれまでCバンドとミリ波(mmWave)を利用して5G NR (5G New Radio)に準拠した固定通信向けトライアルを実施し、通信速度は2Gbpsを記録していた。

Cバンドの一部はSingtel Optusが保有する3.5GHz帯となり、初期は3.5GHz帯で5Gを導入する意向を示した。

中国のHuawei Technologies (華為技術)がSingtel Optusのパートナーとなり、Huawei Technologiesと調整を継続して5Gの商用化を目指すという。

Optus

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK