スポンサーリンク

ソフトバンクグループが2017年度Q3の業績を発表


SoftBank Groupは2018年3月期(2017年度)第3四半期の業績を発表した。

2018年3月期は第3四半期まで累計の売上高が前年同期比3.5%増の6兆8,112億7,400万円、営業利益は前年同期比23.6%増の1兆1,488億2,900万円、当期純利益は前年同期比20.0%増の1兆149億4,400万円となった。

セグメント別の売上高も公表しており、通信分野では日本国内の通信事業が前年同期比0.3%増の2兆4,068億7,000万円、Sprint事業が前年同期比2.6%増の2兆7,221億5,300万円となった。

2018年3月期第3四半期末時点の事業データも公開されている。

日本国内の移動体通信サービス全体の累計契約数は4,247万7,000件で、前四半期末の4,218万4,000件から増加した。

移動体通信サービス全体の累計契約数のうち、主要回線は3,299万6,000件、通信モジュールなどが669万2,000件、PHSが278万9,000件となった。

主要回線における解約率は1.10%、主要回線における販売数は294万台で、うち新規契約数が115万5,000件、機種変更数が178万5,000件である。

2018年3月期第3四半期に限定した日本円(JPY)ベースの主要回線の総合ARPU (1回線当たり月間平均収入)は4,380円で、前四半期の4,340円から上昇した。

総合ARPUのうち通信ARPUは3,820円、サービスARPUは560円となっている。

Sprintの累計契約件数は合計で5,458万1,000件で、うちポストペイド契約が3,194万2,000件、プリペイド契約が899万7,000件、卸売などが1,364万2,000件となった。

解約率はポストペイド契約が1.80%、プリペイド契約が4.63%である。

2018年3月期第3四半期に限定した米ドル(USD)ベースのSprintのARPUはポストペイド契約が45.13米ドル(約4,927円)、プリペイド契約が37.46米ドル(約4,090円)となり、いずれも前四半期から低下した。

SoftBank Group

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK