スポンサーリンク

SHARP AQUOS S2の新型番としてSH-Z01の存在が判明


台湾のFoxconn Technology Group (鴻海科技集団)傘下のFIH Mobile (富智康集団)はスマートフォン「SHARP AQUOS S2」に新たな型番(モデル番号)を用意していることが分かった。

Google Play ヘルプで公開しているサポートされている端末のリストが更新され、新たにSH-Z01が追加された。

SH-Z01はマーケティング名がSHARP AQUOS S2と記載されており、SHARP AQUOS S2の標準版の型番のひとつになると考えられる。

これまでSHARP AQUOS S2の標準版の型番はFS8010のみで、SH-Z01はSHARP AQUOS S2の標準版の新たな型番となる。

なお、Google Play ヘルプで公開しているサポートされている端末のリストではSHARP AQUOS S2の標準版をSHARP AQUOS S2、SHARP AQUOS S2の高配版をSHARP AQUOS S2 Plusと記載しており、SH-Z01はSHARP AQUOS S2の標準版と解釈できる。

参考までに、SHARP AQUOS S2の高配版の型番としてはFS8008とFS8016が用意されている。

FIH Mobileが開発したSHARPブランドを冠したスマートフォンは移動体通信事業者(MNO)向けを除いて基本的にFSやIFから始まる型番となるが、例外としてhandy Japan向けのSH-H01が存在する。

SH-Z01はSH-M0x、SH-L0x、SH-N0x、SH-H0xなど日本向け端末と近い型番規則であり、日本向けとなる可能性も排除できない。

また、詳細は不明であるがSH-A01も準備している模様である。


Google Play ヘルプ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK