スポンサーリンク

ミャンマーのTelenor Myanmarが2018年Q1の業績を発表


ノルウェーのTelenorは2018年第1四半期の業績を発表した。

Telenorの全額出資子会社でミャンマー(ビルマ)の移動体通信事業者(MNO)であるTelenor Myanmarの2018年第1四半期の業績が判明している。

2018年第1四半期の売上高は前年同期比11.2%減の15億5,400万ノルウェークローネ(約214億3,900万円)、EBITDAは前年同期比10.6%減の6億6,700万ノルウェークローネ(約92億194万円)、EBITDAマージンは前年同期と変わらず43%となった。

前年同期比で減収減益を記録したことになる。

ミャンマーチャット(MMK)ベースのARPU (1回線当たり月間平均収入)は前年同期比9%減の4,587ミャンマーチャット(約373円)である。

2018年第1四半期末の事業データも公開されている。

移動体通信サービスの加入件数は前年同期比1%増の1,893万6,000件となった。

なお、前年同期比では加入件数が増加しているが、前期比では減少した。

ミャンマーでは2018年第1四半期にTelecom International Myanmarが一部の地域で移動体通信事業者として新規参入を果たし、2018年第2四半期以降は提供する地域の拡大に努める方針で、ミャンマーでは競争の激化やARPUの低下も予想できる。

Telenor Group

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK