スポンサーリンク

台湾最大手の中華電信がvivo製スマホの取り扱いを開始


中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)の台湾法人は台湾の移動体通信事業者(MNO)であるChunghwa Telecom (中華電信)にスマートフォンを納入すると発表した。

vivo Mobile Communicationはフラッグシップとして展開するvivo X21をChunghwa Telecomに納入し、Chunghwa Telecomは2018年5月4日よりvivo X21の販売を開始する。

これまでvivo Mobile Communicationは台湾の移動体通信事業者としてはTaiwan Mobile (台湾大哥大)のみにスマートフォンを納入していたが、Chunghwa Telecomにはvivo X21の納入が初めてとなる。

vivo Mobile Communicationとしては中国やインドなど巨大な市場で失速する中で、Chunghwa Telecomの充実した販路を活用してスマートフォンの販売台数の巻き返しを期待する。

なお、Chunghwa Telecomは加入件数ベースで台湾で最大手の移動体通信事業者である。


vivo台湾

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK