スポンサーリンク

Appleが2018会計年度Q2の業績を発表


米国のAppleは2018会計年度第2四半期(2018年第1四半期)の業績を発表した。

売上高は前年同期比15.6%増の611億3,700万米ドル(約6兆7,058億円)、当期純利益は前年同期比25.3%増の138億2,200万米ドル(約1兆5,161億円)となった。

前年同期比で増収増益を達成した。

また、売上高のうち地域別売上高も公開しており、米州が前年同期比17.4%増の248億4,100万米ドル(約2兆7,247億円)、欧州が前年同期比8.7%増の138億4,600万米ドル(約1兆5,187億円)、中華圏が前年同期比21.4%増の130億2,400万米ドル(約1兆4,285億円)、日本が前年同期比21.9%増の54億6,800万米ドル(約5,998億円)、中華圏と日本を除いたアジア太平洋地域が前年同期比4.3%増の39億5,800万米ドル(約4,341億円)である。

地域別売上高の比率は米州が40.6%、欧州が22.6%、中華圏が21.3%、日本が8.9%、中華圏と日本を除いたアジア太平洋地域が6.5%となる。

製品別売上高はiPhoneが前年同期比14.4%増の380億3,200万米ドル(約4兆1,715億円)、iPadが前年同期比5.8%増の41億1,300万米ドル(約4,511億円)、Macが前年同期比0.1%増の58億4,800万米ドル(約6,362億円)、各種サービスが前年同期比30.5%増の91億9,000万米ドル(約1兆80億円)、その他の製品が前年同期比37.6%増の39億5,400万米ドル(約4,337億円)である。

製品別売上高の比率はiPhoneが63.5%、iPadが6.7%、Macが9.6%、各種サービスが15.0%、その他の製品が6.5%となっている。

製品販売台数はiPhoneが前年同期比2.9%増の5,221万7,000台、iPadが前年同期比2.1%増の911万3,000台、Macが前年同期比2.9%減の407万8,000台となった。

iPhoneの販売価格平均は前年同期比11.2%増の728.3米ドル(約80,000円)である。

なお、四捨五入で端数処理を実施しており、内訳の合計と総数の数値が一致しない場合がある。

Apple

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK