スポンサーリンク

Aircelが携帯電話事業を終了、インドの携帯電話事業者数は1桁に


インドの移動体通信事業者(MNO)であったAircelは携帯電話サービスの提供を終了した。

Aircelは2018年2月28日付けで国立会社法審判所に会社破産処理手続きの開始を申請して事実上の倒産となり、2018年4月に携帯電話サービスの終了に追い込まれた。

加入件数などの統計は2018年3月まで集計対象としており、2018年3月末時点でAircelの加入件数は7,415万2,299件で、占有率は6.27%であった。

Aircelが携帯電話サービスを終了したため、インドで携帯電話サービスを提供する移動体通信事業者はBharti Airtel、Vodafone India、Idea Cellular、Reliance Jio Infocomm、Bharat Sanchar Nigam、Telenor (India) Communications、Tata Teleservices、Mahanagar Telephone Nigam、Reliance Communicationsの9社に減少した。

Aircelはインドのハリヤーナー州・グルグラムに本社を置く企業で、1999年に事業を開始しており、マレーシアに本社を置くMaxis Communicationsの子会社である。

Maxis Communicationsは全額出資子会社のGlobal Communication Services Holdings (GCSHL)を通じてAircelを所有し、持分比率は間接的に74%となっている。

Aircel

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK