スポンサーリンク

Samsung Galaxy S9シリーズが販売不振か、業績伸び悩む


韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)が発売したスマートフォン「Samsung Galaxy S9」および「Samsung Galaxy S9+」は販売不振の可能性が韓国メディアによって報じられた。

Samsung Electronicsは2018年第2四半期の暫定業績を発表したが、期待に及ばない見込みという。

暫定業績は業績の速報値であり、最終的な業績の確定値と異なる場合も少なくないが、株主や投資家に対して迅速に情報を開示する目的で公表している。

前年同期比で減収を記録し、伸び悩みの様相を呈しているが、スマートフォンの販売不振の影響が大きい模様である。

2017年第2四半期はフラッグシップのスマートフォンであるSamsung Galaxy S8およびSamsung Galaxy S8+がグローバルにおいて販売好調で、業績に大きく貢献した。

四半期ベースでは連結売上高、営業利益、純利益いずれも過去最高で、スマートフォン事業を担うIM (IT & Mobile Communications)部門の売上高は全体の50%弱を占めるなど、高付加価値製品であるフラッグシップのスマートフォンの売れ行きはSamsung Electronicsの全体の業績を大きく左右してきた。

ところが、2018年第2四半期は前年同期比で減収を記録し、しかもIM部門の売上高は全体の20%台まで落ち込む模様である。

さらに、IM部門の営業利益は前年同期比40%以上の減少となる見込みで、高付加価値製品であるフラッグシップのスマートフォン、すなわちSamsung Galaxy S9シリーズの販売不振が響いたとの見方が強い。

Samsung Galaxy S8シリーズは2017年4月に発売し、Samsung Galaxy S9シリーズは2018年3月に発売しており、Samsung Galaxy S9シリーズの実績の一部は2018年第1四半期に反映されているため、単純な比較は難しいが、IM部門の営業利益の急落などを考慮すると、やはりSamsung Galaxy S9シリーズは販売不振と評価するしかないとの指摘がある。

また、Samsung Galaxy S9シリーズの2018年の販売台数は2,800万台との予測が出ており、Samsung Galaxy S3シリーズ以降で最も少ない水準の見込みという。

Samsung Electronicsの子会社であるSamsung Displayの営業利益も大幅に減少したが、その要因のひとつはSamsung Galaxy S9シリーズの販売不振に伴う有機ELディスプレイの供給減少と指摘されている。

Samsung Electronicsは5年間のうちにグローバルではスマートフォンの出荷台数の占有率で30%台から20%台まで落ち、インドでは長らく維持した1位の座から陥落、巨大な市場規模を誇る中国では四半期ベースの占有率で1%未満を記録するなど、勢いを失いつつある。


韓国経済新聞

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK