スポンサーリンク

Motorola Mobilityがmoto z3を発表、5G NRに対応した5G moto modを用意


中国のLenovo Group (聯想集団)傘下で米国のMotorola MobilityはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「moto z3」を発表した。

motoブランドで充実したスペックのスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 835 Mobile Platform (MSM8998)となる。

CPUはオクタコアで動作周波数は最大2.35GHzとなっている。

ディスプレイは約6.01インチFHD+(1080*2160)Super AMOLEDを搭載する。

アスペクト比が18:9で、フロントのディスプレイ占有率は79%となる。

カメラはリアに2個の約1200万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1800(B3)/ 1700(B4)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B17/B28) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、容量は3000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cとなる。

生体認証としては指紋認証と顔認証を利用できる。

カラーバリエーションはCeramic Blackの1色展開である。

米国の移動体通信事業者(MNO)であるVerizon Wirelessが取り扱い、価格は480米ドル(約53,000円)に設定されている。

5Gに対応した5G moto modを用意しており、世界初の5Gにアップグレードできるスマートフォンと称する。

5G moto modを装着すると、Verizon Wirelessが提供する5Gを利用できる。

通信モデムはQualcomm Snapdragon X50 5G ModemおよびQualcomm Snapdragon X24 LTE Modemを搭載し、5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式や下り最大2GbpsのLTE DL Category 20に対応する。

5Gはミリ波(mmWave)に対応しており、Qualcomm QTM052 ミリ波アンテナモジュールを備える。

なお、5G moto modは別売となり、2019年の初めに出荷を開始する予定である。


motorola

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK