スポンサーリンク

北米向け京セラ製スマートフォンE6910がFCC通過、Kyocera DuraForce PRO 2か


KYOCERA (京セラ)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「E6910」が2018年10月29日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはV65E6910。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2600(B7)/1900(B2)/1700(B4/B66)/ 850(B5)/700(B13/B14) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応し、2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用できる。

E6910は未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番規則や通信方式および対応周波数より北米向けのスマートフォンになると考えられる。

高耐久性能を特徴としたKyocera DuraForce PRO 2として発表される可能性がある。

FCCではラベルが公開されており、日本国内の工場で製造することが分かる。

北米向けのスマートフォンは長らくKYOCERAの全額出資子会社でマレーシアのジョホール州マサイ市にあるKYOCERA Telecom Equipment (Malaysia)の工場で製造していたが、2017年にKYOCERA Telecom Equipment (Malaysia)の工場を閉鎖したため、北米向けのスマートフォンも日本の北海道北見市にある工場で製造している。

なお、KYOCERA Telecom Equimpent (Malaysia)は当初はSANYO Electric (三洋電機)の工場で、KYOCERAがSANYO Electricの携帯端末事業などを継承した際に製造会社のSANYO PT (M)も取得し、社名をSANYO PT (M)からKYOCERA Telecom Equipment (Malaysia)に変更した。

FCC – Kyocera E6910

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK