スポンサーリンク

バーレーンのVIVAがiPhone向けeSIMサービスを提供


サウジアラビアのSaudi Telecom Company (STC)の全額出資子会社でバーレーンの移動体通信事業者(MNO)であるVIVA BahrainはApple製のスマートフォン「Apple iPhone XS」、「Apple iPhone XS Max」、「Apple iPhone XR」に対してeSIMサービスの提供を開始した。

iOS 12.1へのアップデートを適用したApple iPhone XS、Apple iPhone XS Max、Apple iPhone XRでは一部のモデルを除いてeSIMに対応する。

バーレーンで正規販売されるApple iPhone XS、Apple iPhone XS Max、Apple iPhone XRではiOS 12.1を導入することでeSIMを利用できる。

Apple iPhone XS、Apple iPhone XS Max、Apple iPhone XRのeSIMは業界団体のGSM Association (GSMA)の標準規格であるリモートSIMプロビジョニング(RSP)に準拠している。

VIV Bahrainは2018年11月よりeSIMサービスの提供を開始しており、19店舗のVIVA StoreでeSIMサービスの利用に係る申請を受け付ける。

VIVA StoreでQRコードが掲載されたeSIMバウチャーを取得後、設定からQRコードをスキャンしてeSIMにプロファイルを書き込む。

Postpaid VoiceとPrepaid VoiceでeSIMサービスを利用できる。

eSIMサービスの利用には年間料金が設定されており、9バーレーンディナール(約2,700円)を支払う必要がある。

なお、バーレーンでは2018年9月28日よりApple iPhone XSおよびApple iPhone XS Max、2018年10月26日よりApple iPhone XRの販売を開始した。


VIVA Bahrain

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK