スポンサーリンク

NTTドコモとAGC、ガラスアンテナを共同開発


NTT DOCOMOとAGCは世界初となる電波送受信が可能なガラスアンテナを共同開発したと発表した。

2019年上半期よりガラスアンテナを活用して携帯電話サービスのエリアの拡充を図るという。

移動体通信におけるトラヒックは増大しており、高トラヒックエリアでは安定した高速通信の実現に向けて、スモールセル基地局を設置してトラヒックを分散させるなどの対策が必要となる。

スモールセル基地局用のアンテナの増設も必要で、主に建物の屋上や中低層階の壁面に設置しているが、屋上や壁面は設置できる場所が限定的となるほか、景観を損なうことから設置が困難な場合が少なくない。

そこで、建物内にアンテナを設置して建物内から屋外のエリアを整備することを検討したという。

建物内にアンテナを設置する場合、室内の意匠性を損なうことや、電波が窓ガラスを通過する際に減衰することが課題となり、これらの課題を解決するためにAGCが保有する既存窓の表面にガラスを貼り付けるアトッチ工法を活用して室内の窓面に設置できるアンテナの開発を進めてきた。

NTT DOCOMOとAGCが開発したガラスアンテナは透明で透視性のある導電材料とガラスを組み合わせ、目立ちにくく景観や室内のデザインを損なわないという。

また、新たに開発したGlass Interface Layerの効果によって、窓ガラスを通過した際の電波の減衰や反射を抑える特徴も有する。

ガラスアンテナ設置基地局の基地局のスペックは通信方式がTD-LTE方式の3.5GHz帯(Band 42)、帯域幅が40MHz幅、256QAMおよび4×4 MIMOに対応し、通信速度は下り最大588Mbpsとなる。

なお、ガラスアンテナの開発において、NTT DOCOMOはエリア確保観点からアンテナ特性について検討し、実証実験によるエリア確保観点での実用性も確認しており、AGCはガラスアンテナの開発と製作および施工方法の確立を行い、ガラスアンテナを設置時の既存窓ガラスへの影響の検討も実施した。

将来的には第5世代移動通信システム(5G)に対応したガラスアンテナの開発も検討するという。

NTT DOCOMO
docomo Online Shop

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK