スポンサーリンク

山口県のアイ・キャンが地域BWA高度化方式の免許取得、日本無線のコンパクトLTEシステムを採用


山口県のIwakuni Cable Network (アイ・キャン)は地域広帯域移動無線アクセスシステム(以下、地域BWA)の高度化方式の無線局免許を取得したことが分かった。

総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)が運営する電波利用ホームページに掲載された情報から判明している。

Iwakuni Cable Networkは山口県岩国市で2局、山口県玖珂郡和木町で1局、合計で3局の無線局免許を取得した。

地域BWAの高度化方式となるため、通信方式はTD-LTE方式と高い互換性を有するAXGP方式もしくはWiMAX Release 2.1 Additional Elements方式(以下、WiMAX R2.1 AE方式)となる。

Iwakuni Cable Networkより地域BWAの高度化方式の導入などに関して正式な発表は行われていないが、サービスの開始など準備が整えば発表すると思われる。

これまでに、Iwakuni Cable Networkは地域BWAの高度化方式の商用サービスでJapan Radio (日本無線)のコンパクトLTEシステムを採用することが分かっている。

なお、Iwakuni Cable Networkは岩国市に本社を置く企業で、岩国市、和木町、山口県周防大島町を事業範囲としている。

総務省 電波利用ホームページ

■関連記事
JRC日本無線のコンパクトLTEシステム、アイ・キャンの地域BWAで採用

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK