スポンサーリンク

韓国のKTが5Gの電波送出を開始


韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるKTは第5世代移動通信システム(5G)の電波の送出を開始した。

KTは2018年12月1日の0時(韓国標準時)より5Gの電波を送出している。

2018年11月末時点で韓国の首都・ソウル特別市を含めた首都圏、仁川広域市、大邱広域市、光州広域市、蔚山広域市、大田広域市、釜山広域市はもちろんのこと、済州島や鬱陵島の島嶼地域まで5G基地局を設置したという。

韓国全土で5G基地局の整備を進め、まずは法人顧客向けに5Gサービスを提供する方針である。

ただ、KTは阿峴支社 通信館で発生した火災の影響で大規模な通信障害を起こし、ソウル特別市や京畿道の一部で通信が麻痺して大混乱を招いた。

通信設備の管理能力、危機管理能力、冗長性の確保などの欠如が指摘されており、消費者からも厳しい視線が向けられている。

通信障害で被害を受けた顧客への補償や信頼回復を最優先とするため、5Gに関する記者懇談会は中止するなど、5Gの大々的なアピールは自粛する。

なお、5Gの通信方式は標準化団体である3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を採用している。

KTは5G向けの周波数としてサブ6GHz帯とミリ波(mmWave)の両方を保有するが、まずはサブ6GHz帯の3.5GHz帯(n78)のみを使う。

KT

■関連記事
韓国のKT、施設の火災で携帯電話サービスなどに通信障害が発生

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK