スポンサーリンク

FREETEL創業者が新ブランドKAZUNAを立ち上げ、将来的にはスマホの投入も


FREETELブランドを展開していたPlus One Marketingの創業者である増田薫氏は新会社としてTAKUMI JAPANを設立したことが分かった。

TAKUMI JAPANはブランド名をKAZUNAとして事業を展開するという。

2018年12月5日に東京都内で発表会を開催し、KAZUNAブランドの最初の製品として多機能翻訳機のKAZUNA eTalk 5を発表した。

KAZUNAブランドの公式ウェブサイトを公開しており、TAKUMI JAPANの会社概要も掲載されている。

TAKUMI JAPANの設立は2018年7月で、フリガナはタクミジャパン、増田薫氏が代表取締役を務める。

所在地は東京都港区西新橋3-9-3で、国税庁(National Tax Agency:NTA)の法人番号公表サイトを参照するとPlus One Marketingと共通である。

また、事業内容はIoT・AI機器、スマートフォンなどの通信機器の製造・販売となっている。

事業内容からも推測できるが、日本経済新聞ではスマートフォンの製造にも乗り出すと報じられており、将来的にはKAZUNAブランドのスマートフォンの投入を計画していると思われる。

Plus One Marketingについて説明しておくと、FREETELブランドで仮想移動体通信事業者(MVNO)としての通信事業や携帯端末事業を展開していたが、競争の激化や過剰な宣伝費が影響して多額の赤字を計上し、資金繰りが悪化して経営破綻に追い込まれた。

2017年11月1日付けで通信事業をRakuten (楽天)に売却し、2017年12月4日付けで東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請、2018年1月9日付けで携帯端末事業およびFREETELブランドをMAYA SYSTEMに売却していた。


KAZUNA
法人番号公表サイト
日本経済新聞

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK