スポンサーリンク

ソフトバンクおよびワイモバイルの通信障害、エリクソン製パケット交換機のソフトウェアが原因


SoftBankは2018年12月6日の午後に日本全国で発生した大規模な通信障害に関して謝罪を掲載した。

SoftBankブランドおよびY!mobileブランドの携帯電話サービス、固定通信サービスのSoftBank Air、固定電話サービスのおうちのでんわにおいて、2018年12月6日の13時39分頃から18時4分頃まで各サービスを利用できないもしくは利用しづらい状況が発生していた。

携帯電話サービスに関して具体的には、4G(LTE)サービスが利用できないもしくは利用しづらい状況が発生し、それに伴い3Gサービスに輻輳が発生して利用しづらい状況が起きた。

影響地域は日本全国で、影響数は調査中という。

SoftBankは通信障害の発生を受けて、迷惑と不便を掛けたことを謝罪するとともに、再発防止策の徹底とサービスの安定的な運用に向けて全力で取り組むと表明している。

通信障害の原因も説明しており、2018年12月6日の13時39分頃に日本全国をカバーする東京センターおよび大阪センターに配置されたスウェーデンのEricssonが供給したすべてのパケット交換機でソフトウェアに異常が発生したことに起因する。

問題のソフトウェアは9ヶ月前から運用しており、Ericsson製の通信設備を採用する日本国外の11ヶ国の移動体通信事業者(MNO)でも同時刻に同様の事象が発生したとEricssonから報告を受けたという。

ソフトウェアを旧バージョンに戻すことで、復旧したとのことである。

SoftBankはEricssonと共同で徹底した再発防止に取り組むと表明している。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK