スポンサーリンク

中国政府、中国聯通と中国電信の2.5GHz帯(B41)を回収


中国の政府機関で電気通信分野などの規制を担う工業和信息化部(Ministry of Industry and Information Technology:MIIT)は中国の移動体通信事業者(MNO)であるChina United Network Communications (中国聯合網絡通信:China Unicom/中国聯通)およびChina Telecom (中国電信)に対して2.5GHz帯の周波数を回収すると通知した。

工業和信息化部は第4世代移動通信システム(4G)向けに2.5GHz帯をChina Mobile Communications Group (中国移動通信集団:CMCG)、China United Network Communications、China Telecomに割当し、いずれの移動体通信事業者もTD-LTE方式で運用している。

なお、周波数範囲はChina Mobile Communications Groupが2575.0~2635.0 MHz、China United Network Communicationsが2555.0~2575.0 MHz、China Telecomが2635.0~2655.0 MHzである。

工業和信息化部は第5世代移動通信システム(5G)の試験用として、China Mobile Communications Groupに2515.0~2675.0 MHzと4800.0~4900.0 MHz、China United Network Communicationsに3500.0~3600.0 MHz、China Telecomに3400.0~3500.0 MHzを割当した。

5Gの試験用としてChina Mobile Communications Groupに割当した2515.0~2675.0 MHzのうち、2575.0~2635.0 MHzはChina United Network Communications、2635.0~2655.0 MHzはChina Telecomが使用しており、すなわちChina Mobile Communications Groupではない免許人が運用中であるが、工信部無函〔2018〕439号によると中華人民共和国無線電管理条例に基づき、工業和信息化部はChina United Network Communicationsより2575.0~2635.0 MHz、China Telecomより2635.0~2655.0 MHzを回収する。

China United Network CommunicationsおよびChina Telecomは2018年12月31日までに北京市、天津市、上海市、重慶市、河北省雄安新区、遼寧省瀋陽市、江蘇省蘇州市、浙江省杭州市、河南省鄭州市、湖北省武漢市、江西省南昌市、福建省福州市、広東省広州市、広東省深圳市、甘粛省蘭州市、四川省成都市、広西チワン族自治区南寧市の17都市でそれぞれ2575.0~2635.0 MHzおよび2635.0~2655.0 MHzの使用を停止する必要がある。

また、2019年3月31日までに中国全土で使用を停止しなければならない。

China United Network CommunicationsおよびChina Telecomはそれぞれ2575.0~2635.0 MHzおよび2635.0~2655.0 MHzでTD-LTE方式のBand 41を運用するが、特定の17都市では2018年12月31日までに、中国全土では2019年3月31日までに使用が不可となる。

工業和信息化部

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK