スポンサーリンク

韓国のKTが無人ロボットカフェに5Gサービスを提供


韓国の移動体通信事業者(MNO)であるKTは無人ロボットカフェに第5世代移動通信システム(5G)を適用したと発表した。

KTは無人ロボットカフェのB;eatに5Gサービスの提供を開始したという。

B;eatは韓国の首都・ソウル特別市の瑞草区にあるSamsung Life Insurance (サムスン生命保険)の社屋に入る無人ロボットカフェである。

KTは一部の法人顧客に限定して2018年12月1日より5Gサービスの提供を開始しており、それと同じ条件でB;eat向けにも5Gサービスを提供する。

B;eatではバリスタロボットが注文を受け付けてコーヒーの製造を行う。

これまではロボットを有線でインターネットに接続して動作させていたが、5Gに対応したモバイル無線LANルータをロボットに搭載し、5Gを通じた無線でインターネットに接続してロボットを動作するように変更した。

管制センターとロボットの電源状態、運転状況、動作認識などの各種情報の送受信にも5Gを活用しており、ロボットの異常や故障などが発生すれば遅延なく把握できる。

また、将来的にはロボットに音声認識と人工知能(IA)を追加し、ロボットの多機能化も目指すという。

B;eatには5Gに対応したモバイル無線LANルータ向けの料金プランを適用しており、月額料金は付加価値税込で49,500韓国ウォン(約4,900円)、データ通信容量は10GBとなっている。

KTが導入した5Gの通信方式は標準化団体である3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を採用する。

5G向けの周波数としてはサブ6GHz帯とミリ波(mmWave)の両方を保有するが、まずはサブ6GHz帯の3.5GHz帯(n78)のみを使う。

なお、KTにはNTT DOCOMOが少数株主として資本参加しており、NTT DOCOMOによる出資比率は約5.5%となっている。

KT

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK