スポンサーリンク

LGエレクトロニクスが2018年Q4の暫定業績を発表、大幅減益の予想


韓国のLG Electronicsは2019年1月8日付けで金融監督院(Financial Services Commission:FSC)の電子公示システムを通じて2018年第4四半期および2018年通期の暫定業績を発表した。

暫定業績は業績の速報値であり、韓国採択国際会計基準に基づいて推定された暫定的な売上高予想および営業損益予想となる。

最終的な数値とは異なる場合も少なくないが、株主や投資家に対して迅速に情報を開示する目的で暫定業績を公表している。

2018年第4四半期の連結売上高は15兆7,705億韓国ウォン(約1兆5,263億円)、営業利益は753億韓国ウォン(約73億円)となる見込みである。

連結売上高は前期比2.2%増、前年同期比7.0%減、営業利益は前期比89.9%減、前年同期比79.5%減となり、前期比および前年同期比で大幅な減益を記録する見通し。

大幅な減益の要因は明らかにされていないが、オフシーズンに伴う生活家電事業の不振、泥沼化するスマートフォン事業の不振、年末のマーケティング費用の拡大などが影響したと思われる。

2018年通期では連結売上高が前年比0.1%減の61兆3,399億韓国ウォン(約5兆9,366億円)、営業利益が前年比9.5%増の2兆7,029億韓国ウォン(約2,616億円)となる見込み。

なお、LG Electronicsは改めて投資家やアナリストなどを対象とした企業説明会を開催し、最終的な2018年第4四半期および2018年通期の業績を正式に発表する予定である。

金融監督院

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK