スポンサーリンク

中国移動が成都地下鉄で5Gを導入、2.5GHz帯を利用


中国を拠点とする香港特別行政区のChina Mobile (中国移動)の子会社で四川省の移動体通信事業者(MNO)であるChina Mobile Group Sichuan Company (中国移動通信集団四川)は第5世代移動通信システム(5G)を四川省の省都・成都市にある成都地鉄で導入した。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式に準拠する。

周波数は2.5GHz帯を利用しており、NR Bandではn41となる。

なお、2.5GHz帯は5Gのトライアル向け周波数としてChina Mobile Group Sichuan Companyを含めたChina Mobile傘下の中国の移動体通信事業者に割当されている。

5Gのトライアルの一環で成都地鉄の7号線および10号線の太平園駅で5Gを導入しており、5Gを通じて高速なインターネット接続を実現する無線LANサービスを整備したという。

中国全土の地下鉄駅において5Gを導入した事例は太平園駅が初めてである。

成都市はChina Mobileの5G業務示範都市のひとつに選定されている。

5G業務示範都市では5Gを活用したサービスのトライアルなどを実施しており、China Mobile Group Sichuan Companyは5Gネットワークの構築や5Gを活用したサービスのトライアルを継続的に進めてきた。

China Mobile Group Sichuan Companyは5Gのトライアルを通じて5Gのプレ商用に向けて強固な基盤を築き、ネットワーク強国、デジタル中国、スマート社会の建築に貢献すると表明している。

China Mobile (成都)

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK