スポンサーリンク

中国における2018年Q4のスマホ出荷台数、iPhoneは2割減に


米国の調査会社であるStrategy Analyticsは中国における2018年第4四半期および2018年通年のスマートフォンの出荷台数に関する調査結果を発表した。

中国では2018年第4四半期に前年同期比11.0%減の1億790万台のスマートフォンを出荷し、2018年通年に前年比11.1%減の4億850万台のスマートフォンを出荷しており、2018年第4四半期と2018年通年ともにスマートフォンの出荷台数は減少となった。

メーカー別の占有率は上位5社まで公開されている。

2018年第4四半期は1位が中国のHuawei Technologies (華為技術)で占有率は27.8%、2位が中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)で占有率は20.8%、3位が中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)で20.6%、4位が米国のAppleで占有率は10.1%、5位が中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)で占有率は9.3%である。

また、2018年通年では1位がHuawei Technologiesで占有率は25.7%、2位がGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsで占有率は20.3%、3位がvivo Mobile Communicationで19.4%、4位がXiaomi Communicationsで占有率は12.2%、5位がAppleで占有率は8.4%となった。

中国全体でスマートフォンの出荷台数が減少したが、それでも上位5社のうちHuawei Technologiesとvivo Mobile Communicationは2018年第4四半期と2018年通年ともに出荷台数を増加させた。

特にHuawei Technologiesは前年同期比23.5%、前年比15.7%増と高い成長率を記録しており、2018年通年は中国のみで出荷台数が1億台を超えた。

Appleは新機種の発売効果で毎年第4四半期は出荷台数が増大する傾向にあるが、2018年第4四半期は前年同期比22.1%減と2割超の大幅な減少を記録し、中国における不振が浮き彫りとなった。

Strategy Analytics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK