スポンサーリンク

SH-M09はSIMフリー版のSHARP AQUOS R2 compactで確定


一般財団法人 電気通信端末機器審査協会(Japan Approvals Institute for Telecommunications Equipment:以下、JATE)の認定および認証を通過した機器が更新された。

SHARP製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「SH-M09又はXN-MBT72」が2018年8月9日付けでJATEを通過したことが分かった。

認証番号はADF18-0184001。

SH-M09又はXN-MBT72は未発表端末の型番(モデル番号)とメーカー型番である。

SH-M09は型番規則から日本向けのSIMロックフリーのスマートフォンと考えられる。

JATEでは機器名称がSH-M09又はXN-MBT72で1の機器として認証を受けており、XN-MBT72はSH-M09のメーカー型番を指すと思われる。

認定番号を確認すると、SoftBankが2019年1月18日にSoftBankブランドのラインナップで販売を開始したAQUOS R2 compact (803SH)と共通であることが確認できる。

すなわち、SH-M09とAQUOS R2 compact (803SH)はハードウェアが共通化されており、AQUOS R2 compact (803SH)と同等のスマートフォンをSIMロックフリーでSHARP AQUOS R2 compact SH-M09として発表すると考えられる。

なお、通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/1500(B11)/ 900(B8)/850(B5)/800(B19/B26)/ 700(B12/B17/B28) MHz, TD-LTE 3500(B42)/2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

過去にもSoftBank向けとSIMロックフリー向けでハードウェアを共通化した事例があり、SoftBankおよびWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)がY!mobileブランドのラインナップで発売したAndroid One X4 (X4-SH)とSIMロックフリーのSHARP AQUOS sense plus SH-M07はハードウェアが共通である。



認証を表示したAQUOS R2 compact (803SH)

JATE

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK