スポンサーリンク

昇降式の前面カメラを採用したvivo V15Proを発表、画面占有率は約92%に


中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「vivo V15Pro」を発表した。

昇降式のフロントカメラを採用したスマートフォンである。

OSにはAndroid 9 Pie VersionをベースとしたFuntouch OS 9を採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 675 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイはUltra FullViewと呼ばれる約6.39インチFHD+(1080*2340)Super AMOLEDを搭載する。

昇降式のフロントカメラの採用によってフロントパネルからはカメラを配置するスペースを省けるため、フロントのディスプレイ占有率は91.64%を実現できる。

カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサ、約800万画素CMOSイメージセンサ、約500万画素CMOSイメージセンサからなるトリプルカメラ、フロントに約3200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/850(B5) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0や無線LAN (2.4GHz/5GHz)に対応している。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3700mAhとなっている。

生体認証はディスプレイ一体型の指紋認証を利用できる。

カラーバリエーションはTopaz BlueとRuby Redの2色展開である。

インドで販売することが決まっており、価格は28,990インドルピー(約45,000円)に設定されている。


vivo India

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK