スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 X 5G (EVR-AN00)はNR FR1で下り最大4.6Gbpsに


中国の移動体通信事業者(MNO)であるChina United Network Communications (中国聯合網絡通信:China Unicom/中国聯通)は中国のHuawei Technologies (華為技術)製のスマートフォン「HUAWEI Mate 20 X 5G (EVR-AN00)」の第5世代移動通信システム(5G)に関する情報を公開した。

チップセットは64bit対応のHUAWEI Kirin 980を搭載しており、5Gの通信モデムとしてはHUAWEI Kirin 980と組み合わせられるHiSilicon Balong 5000を搭載する。

5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式となる。

NR方式にはNR方式が単独で動作するスタンドアローン(SA)と、LTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)が規定されており、HUAWEI Mate 20 X 5GはSAとNSAの両方に対応している。

周波数は6GHz帯以下のFR1のみに対応しており、NR方式のSAでは通信速度が下り最大4.6Gbpsに達する。

ただ、下り最大4.6Gbpsは200MHz幅を利用時の通信速度であり、China United Network Communicationsが5G向けに保有する周波数は100MHz幅のみであるため、China United Network CommunicationsにおけるNR方式のSAでは通信速度が下り最大2.3Gbpsとなる。

China United Network Communicationsが5Gの商用化に先立ち実施する5Gのトライアルにおいて、HUAWEI Mate 20 X 5Gを含めた複数の5Gに対応したスマートフォンや据置型無線LANルータを利用する予定である。


China Unicom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK