スポンサーリンク

台湾でrealme 3を発表、realmeは東アジア初参入


中国のRealMe Chongqing Mobile Telecommunications (RealMe重慶移動通信)はLTE/W-CDMA/GSM端末「realme 3 (RMX1821)」を台湾市場向けに発表した。

OSにAndroid 9 Pie VersionをベースとするColorOS 6.0を採用したスマートフォンである。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio P70を搭載し、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.2インチHD+(720*1520)IPS液晶で、画素密度は271ppiとなる。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサと約200万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約1300万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はLTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)も利用できる。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは内蔵式で、容量は4230mAhとなっている。

リアには指紋認証センサを搭載している。

カラーバリエーションは動感黒と炫光藍の2色である。

台湾では2019年5月8日に動感黒を発売し、2019年5月下旬に炫光藍を発売する予定で、価格は4,990台湾ドル(約18,000円)に設定されている。

これまで、realmeブランドのスマートフォンは南アジア、東南アジア、アフリカで展開しているが、本社を置く中国でも販売しておらず、東アジアでは台湾が最初の参入となった。


realme 台湾

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK