スポンサーリンク

欧州向けLG V50 ThinQ 5Gと思われるLM-V500EMがFCC通過、60GHz帯近距離無線通信に対応


韓国のLG Electronics製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「LM-V500EM」が2019年5月9日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはZNFV500EM。

モバイルネットワークはLTE (FDD) 1900(B2)/1700(B4)/850(B5)/700(B12/B17) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetooth、無線LAN、NFC、Kiss Connectivityの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しており、2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用できる。

60GHz帯の近距離無線通信の周波数でも通過しており、Keyssa 60GHzと記載されていることから、米国のKeyssaが開発した60GHz帯を使用する近距離無線通信技術であるKiss Connectivityに対応すると思われる。

LM-V500EMはLG V50 ThinQ 5Gの型番(モデル番号)である。

欧州向けのLG V50 ThinQ 5Gとなる見込み。

欧州では複数の国の複数の移動体通信事業者(MNO)がLG V50 ThinQ 5Gを取り扱う予定を公表しており、型番としてはLM-V500EMを取り扱う可能性が高い。

LG V50 ThinQ 5GはLG Electronicsにとって初めての第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォンであり、まずは韓国で販売を開始する。

韓国や欧州のほかに、米国や大洋州でも順次発売する予定である。

ラベルは電磁的表示を採用しており、FCCではラベルを表示したスクリーンショットが公開されている。


FCC – LG Electronics LM-V500EM

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK