スポンサーリンク

タジキスタンのTcellが5Gの免許を取得、中央アジア初の5G商用化を目指す


タジキスタンの移動体通信事業者(MNO)でTcellブランドを展開するIndigo Tajikistanは第5世代移動通信システム(5G)のライセンスを取得したと発表した。

Indigo Tajikistanはタジキスタンで最初に5Gのライセンスを取得したという。

タジキスタンのみならず、中央アジアで最初に5Gネットワークを立ち上げることを目指すという。

ただ、具体的な5Gサービスを開始する時期は言及していない。

5Gサービスを開始するためには、新たな周波数の割当を受けて通信設備を更新する必要があり、すでに5Gサービスの商用化に向けた準備を進めていると説明している。

Indigo Tajikistanはタジキスタンで最大手の移動体通信事業者である。

長らくスウェーデンのTelia CompanyとスイスのAga Khan Fund for Economic Development (AKFED)の合弁会社として運営してきた。

持分比率はTelia Companyが60%、Aga Khan Fund for Economic Developmentが40%となっていたが、2017年4月にAga Khan Fund for Economic Developmentが完全子会社化した。

TcellのロゴはTelia CompanyとIndigo Tajikistanの資本関係を解消後もしばらくTelia Companyと共通のロゴを使用してきたが、2019年3月に独自のデザインに変更された。

Tcell

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK