スポンサーリンク

楽天コミュニケーションズの一部事業を楽天モバイルに移管


Rakuten (楽天)の完全子会社であるRakuten Mobile (楽天モバイル)は同社の完全子会社であるRakuten Communications (楽天コミュニケーションズ)より一部事業を継承すると発表した。

Rakuten Mobileは2019年7月1日を効力発生日としてRakuten Communicationsが運営するネットワーク事業の一部を会社分割によってRakuten Mobileへ継承する。

2019年7月1日以降は継承の対象となるネットワーク事業のサービスは提供会社がRakuten CommunicationsからRakuten Mobileとなり、それに伴い契約先もRakuten CommunicationsからRakuten Mobileに変更されるが、利用中のサービスは従来通り継続して利用できると案内している。

継承の対象となるネットワーク事業のサービスは国内・国際電話サービス(マイライン)、楽天でんわ、SMARTalk (旧IP-Phone SMART)、楽天ブロードバンド、楽天コミュニケーションズ光(楽天ブロードバンド)、楽天コミュニケーションズ光(タイプS)、SANNETである。

Rakuten Mobileは2019年10月に移動体通信事業者(MNO)として携帯通信サービスを開始する予定で、ネットワーク事業の一部の継承によって、顧客に様々な通信サービスを包括的に提供することを目指すという。

なお、元々はRakuten MobileおよびRakuten CommunicationsともにRakutenが直接的に保有する完全子会社であったが、2019年4月1日を効力発生日として組織再編を実施しており、Rakuten Communicationsの全株式をRakutenからRakutn Mobileへ継承し、Rakuten CommunicationsはRakuten Mobileの完全子会社となった。

Rakuten CommunicationsはRakutenの完全子会社であり続けるが、所有構造が変わりRakutenがRakuten Mobileを通じて間接的に保有することになる。

Rakuten Mobile
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK