スポンサーリンク

KDDIがモバイルネットワークの最適化にAIを導入


KDDIはモバイルネットワークの最適化にAI (人工知能)を導入すると発表した。

KDDIはスウェーデンのEricssonの日本法人であるEricsson Japanと共同でAIを活用してモバイルネットワークを最適化する手法を開発したという。

通信品質のさらなる向上を目的としており、日本全国のKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)の基地局の運用に導入する方針である。

これにより、auの携帯電話の通信品質はさらなる向上が実現できると案内している。

モバイルネットワークの通信品質はエリアや利用形態によって常に変動する。

そのため、通信品質の維持および向上を実現するためには、基地局におけるトラヒックデータの収集や分析を行い、周波数を効率的に活用できているかなどを定期的に確認および調整することが不可欠となっている。

そこで、基地局の運用にAIを活用してネットワークを最適化する手法を導入することで、AIが自律的に各基地局から収集したデータに基づいて最適なパラメータの提案を行い、基地局で最適なパラメータを自動的に設定するような運用が可能となる。

例えば、800MHz帯が高負荷で2.1GHz帯に余裕がある状況であれば、AIが最適なパラメータを提案して800MHz帯と2.1GHz帯の負荷が均等になるよう設定できる。

これまではネットワーク全体のデータの収集や分析、各種パラメータの策定には膨大な時間と工数を要したが、AIを活用したモバイルネットワークの最適化の導入によって大幅な短縮化を実現し、基地局ごとの個別調整が容易となるため、さらなる通信品質の向上が期待できるという。

KDDIは通信とライフデザインの融合を推進しており、AIを活用した自動化を促進して快適かつ信頼性の高いサービスを提供していくと表明している。

KDDI
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK