スポンサーリンク

メルセデス・ベンツが次世代工場にプライベート5Gを導入、エリクソンなどが支援


スウェーデンのEricssonはドイツの完成車メーカーであるDaimlerがMercedes-Benzブランドの自動車を製造する工場で第5世代移動通信システム(5G)を導入するために支援すると発表した。

Daimlerはドイツのジンデルフィンゲンで保有するMercedes-Benzブランドの自動車の製造拠点で次世代工場としてFactory 56の建設を進めている。

2020年に稼働を開始する予定のFactory 56は次世代通信、AI (人工知能)、ビッグデータ分析などを導入し、業務効率を高めた次世代工場とする計画で、次世代工場の実現のためにプライベート5Gを導入することが決まっている。

すべての生産システムと生産設備は安全、高速、大容量、低遅延を実現するプライベート5Gで接続されるという。

Factory 56におけるプライベート5Gの構築にはスウェーデンのEricssonやスペインのTelefonicaの子会社でドイツの移動体通信事業者(MNO)であるTelefonica Germanyが支援する。

Ericssonがプライベートネットワーク製品のソリューションを納入する計画で、Telefonica GermanyがEricssonの通信設備を利用してプライベート5Gの構築と試験運用を行い、本運用を行える状態でDaimlerに引き渡す予定である。

将来的にDaimlerはFactory 56で得られた経験をほかの工場にも適用する方針という。

5Gで利用する周波数は明らかにされていないが、ドイツではサブ6GHz帯の3.7GHz帯を地域限定の5G向け周波数として割当する方針で、Daimlerが免許人として地域限定の5G向けに3.7GHz帯の割当を受ける可能性が高い。

Ericsson

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK