スポンサーリンク

モルディブのDhiraaguが5Gを商用化、南アジア初の5Gサービスに


モルディブの移動体通信事業者(MNO)であるDhivehi Raajjeyge Gulhun (Dhiraagu)は第5世代移動通信システム(5G)を商用化した。

2019年7月31日より5Gサービスの提供を開始している。

5Gサービスの開始当初は首都・マレのヴィリンギリ、フルマーレ、ヴェラナ国際空港(MLE)、アッドゥシティのヒサッドホー、ハー・ダール環礁のクルハッドハフューシが5Gサービスの提供エリアとなる。

Dhivehi Raajjeyge Gulhunは中国のHuawei Technologies (華為技術)と協力して5Gサービスを導入しており、通信設備はHuawei Technologiesから調達した。

5Gサービスに対応した端末としてはHuawei Technologies製のHUAWEI Mate 20 X (5G) (EVR-N29)を取り扱う。

ほかの5Gサービスに対応した端末も早期に取り扱えるよう主要な端末メーカーと協力する方針も示している。

なお、5Gの通信方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)が5Gの要求条件を満たすために規定したNR方式を採用する。

Dhivehi Raajjeyge GulhunはバーレーンのBahrain Telecommunications Company (Batelco)の子会社で、モルディブ政府も出資しており、持分比率はBahrain Telecommunications Companyが52.0%、モルディブ政府が41.8%となっている。

Dhivehi Raajjeyge Gulhunの略称でもあるDhiraaguをブランド名として展開している。

これまでに、モルディブを含めて南アジアで5Gサービスを商用化した移動体通信事業者はなく、Dhivehi Raajjeyge Gulhunは南アジアで最初に5Gサービスを商用化した移動体通信事業者となった。

Dhivehi Raajjeyge Gulhun

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK