スポンサーリンク

Galaxy Note10+ 5Gのオーラブルー、韓国ではSK Telecomの独占販売に


韓国最大手の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecomは韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のスマートフォン「Samsung Galaxy Note10 5G」および「Samsung Galaxy Note10+ 5G」を取り扱うと発表した。

2019年8月9日から韓国全土のSK Telecomの公式認定代理店および公式オンラインモールのT world Directで事前予約の受け付けを開始する。

事前予約の受け付けは2019年8月19日まで実施する予定で、正式な発売日は2019年8月23日である。

ただ、事前予約を実施して諸条件を満たすと、2019年8月20日より開通できるため、正式な発売日に先立ち受け取ることができる。

Samsung Galaxy Note10 5Gはシステムメモリの容量が12GBで、内蔵ストレージの容量が256GBとなる。

カラーバリエーションはAura Glow、Aura Black、Aura Pinkの3色を取り扱う。

出庫価格は1,248,500韓国ウォン(約109,000円)である。

Samsung Galaxy Note10+ 5Gはシステムメモリの容量が12GBで、内蔵ストレージの容量は256GBと512GBの2種類を用意している。

カラーバリエーションは内蔵ストレージの容量が256GBのモデルがAura Glow、Aura Black、Aura White、Aura Blueの4色、512GBのモデルがAura GlowとAura Blackの2色となる。

このうち、Aura Blueは韓国ではSK Telecomが独占的に取り扱う。

出庫価格は256GBのモデルが1,397,000韓国ウォン(約122,000円)、512GBのモデルが1,496,000韓国ウォン(約131,000円)である。


SK Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK