スポンサーリンク

韓国のカカオ子会社、5GスマホSTAGE 5Gを発表


韓国のKakaoの子会社で同国のStage Fiveは中国のZTE (中興通訊)製のNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「STAGE 5G (A2020N3)」を発表した。

Stage Fiveが自社ブランドで展開する第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に対応したスマートフォンである。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.47インチFHD+(1080*2340)AMOLEDを搭載する。

カメラはリアにメインの約4800万画素CMOSイメージセンサ、広角レンズの約2000万画素CMOSイメージセンサ、望遠レンズの約800万画素CMOSイメージセンサからなるトリプルカメラ、フロントに約2000万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR/LTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCにも対応する。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量が128GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは内蔵式で、容量は4000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cとなる。

急速充電のQualcomm Quick Charge 4+および無線充電を利用できる。

生体認証はディスプレイ一体型の指紋認証に対応している。

カラーバリエーションはBlueの1色展開である。

Kakaoが展開する主要なサービスのアプリケーションがプリインストールされており、簡単にKakaoのサービスにアクセスできる。

韓国で販売することが決まっており、価格は814,000韓国ウォン(約76,000円)に設定されている。

ハードウェアはZTEが開発や製造を担当しており、ZTE Axon 10 Pro 5Gがベースとなっている。

なお、Kakaoは完全子会社のKakao Investmentを通じてStage Fiveに出資しており、Kakao InvestmentのStage Fiveに対する持分比率は56.8%である。

Stage Fiveは韓国の移動体通信事業者(MNO)であるKT Corporationと戦略的提携を締結しており、Kakaoのサービスを組み合わせて専用の5G料金プランを開発することでも合意している。


Stage Five

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK