スポンサーリンク

サムスン電子、Galaxy S10 LiteとGalaxy Note10 Liteを12月に発売か


韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)はスマートフォン「Samsung Galaxy S10 Lite」および「Samsung Galaxy Note10 Lite」を準備していることが分かった。

インドメディアによるとインドではSamsung Galaxy S10 LiteおよびSamsung Galaxy Note10 Liteを2019年12月にSamsung Galaxy A51とともに発売する予定という。

いずれも詳細なスペックは不明であるが、ミッドレンジのスマートフォンとなる見込み。

Samsung Galaxy S10 Liteに関してはチップセットにQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformを採用すると伝えられている。

また、カメラはリアにメインの約4800万画素カメラ、広角レンズの約1200万画素カメラ、深度測定用の約500万画素カメラで構成されるトリプルカメラ、フロントに約3200万画素カメラを搭載する模様である。

Samsung Galaxy Note10 LiteはSamsung Galaxy Noteシリーズのスマートフォンと同様にS Penに対応したスマートフォンとなる可能性が高い。

Samsung Galaxy A51はOSにAndroid 10を採用しており、チップセットはSamsung Exynos 9611を搭載する。

ディスプレイは約6.5インチのAMOLEDで、カメラはリアにメインの約4800万画素カメラ、広角レンズの約1200万画素カメラ、望遠レンズの約1200万画素カメラ、深度測定用の約500万画素カメラで構成されるクアッドカメラ、フロントに約3200万画素カメラを備える。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBと128GBを用意している。

電池パックの容量は4000mAhとなっている。

なお、Samsung Galaxy S10 LiteおよびSamsung Galaxy A51はすでに認証機関に登場しており、その存在は決定的となっている。

91mobiles

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK