スポンサーリンク

ソフトバンクがスマホ2機種の価格を公開、LG G8X ThinQは5.5万円に


SoftBankは韓国のLG Electronics製のスマートフォン「LG G8X ThinQ」およびSHARP製のスマートフォン「AQUOS sense3 plus」の予約の受け付けを開始した。

いずれもSoftBankブランドのラインナップで展開するスマートフォンである。

2019年11月29日より日本全国のソフトバンクショップまたはオンラインショップで予約を受け付けている。

予約の受け付けの開始に伴い価格も公開されており、LG G8X ThinQは55,440円(税込)、AQUOS sense3 plusは56,880円(税込)に設定されている。

LG G8X ThinQはOSにAndroid 9 Pie Versionを採用したスマートフォンである。

チップセットはQualcomm Snapdragon 855 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.4インチFHD+(1080*2340)有機ELを搭載し、カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサと約1300万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約3200万画素CMOSイメージセンサを備える。

SoftBankおよびWireless City Planningのネットワークでは通信速度が下り最大988Mbps/上り最大37.5Mbpsに達する。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)やおサイフケータイも利用できる。

地上デジタルテレビ放送はISDB-T方式のフルセグやワンセグの視聴に対応している。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は64GBとなる。

電池パックの容量は4000mAhとなっている。

AQUOS sense3 plusはOSにAndroid 9 Pie Versionを採用したスマートフォンである。

チップセットはQualcomm Snapdragon 636 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなる。

ディスプレイは約6.0インチFHD+(1080*2220)IGZO液晶を搭載し、カメラはリアに約1220万画素CMOSイメージセンサと約1310万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

SoftBankのネットワークでは通信速度が下り最大300Mbps/上り最大37.5Mbpsとなる。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)やおサイフケータイも利用できる。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

電池パックの容量は4000mAhとなる。

なお、LG G8X ThinQは2019年12月6日に発売することが決定しており、AQUOS sense3 plusは2019年12月上旬以降に発売する予定で、具体的な発売日は発表されていない。


SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK