スポンサーリンク

楽天が米衛星通信会社と提携、スペースモバイルの実現へ


Rakuten (楽天)は米国のAST & Scienceと資本および戦略的提携を実施すると発表した。

Rakutenは宇宙空間や地上に関連する豊富な特許技術および知的財産権を保有するAST & Scienceに出資し、Rakutenによる持分比率は20%となる。

同時に戦略的提携も締結しており、宇宙から送信するモバイルブロードバンドネットワークの構築により、地球上における携帯電話サービスの提供エリアの拡大を目指す世界初の試みを支援するという。

なお、Rakutenのほかに英国のVodafone Groupも出資および戦略的提携を締結したことが明らかにされている。

これまでに、AST & Scienceは2019年4月に試験用人工衛星であるBlueWalker 1の打ち上げに成功しており、ネットワークの構築に必要な技術の実証を進めている。

低軌道人工衛星からの低遅延な衛星通信ネットワークは特別な衛星通信機器を使用せず、世界で初めて市販されているスマートフォンを用いて直接接続できる衛星通信ネットワークになる見込みという。

サービスの名称をSpaceMobileとして提供する計画で、初期の段階ではパートナー企業に対して第4世代移動通信システム(4G)サービスを提供するために準備している。

将来的には第5世代移動通信システム(5G)サービスも提供する計画である。

衛星通信ネットワークと地上のモバイルネットワーク間においてシームレスなローミングを実現すると説明しており、データ通信料は地上のモバイルネットワーク間のローミングと同程度で提供できる予定という。

Rakutenは完全子会社のRakuten Mobile (楽天モバイル)を通じて移動体通信事業者(MNO)として新規参入することが決まっている。

また、Vodafone Groupは欧州やアフリカをはじめとする世界各地で子会社や関連会社を通じて移動体通信事業者として事業を展開している。

SpaceMobileの商用化が実現すれば、Rakuten MobileおよびVodafone Groupの子会社や関連会社などに提供する可能性がある。

Rakuten
楽天市場

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK