スポンサーリンク

3香港が5Gサービスを4月1日に開始、香港特別行政区初の5Gに


香港特別行政区の移動体通信事業者(MNO)で3 (Three)ブランドを展開するHutchison Telephone (和記電話)は第5世代移動通信システム(5G)を2020年4月1日に商用化すると発表した。

5Gサービスの開始当初は特定の商業施設、選択された3Shop、香港国際空港(HKG)などが提供エリアとなり、その後に香港特別行政区各地に順次拡大する計画である。

5Gサービスの標準プランも公開しており、まずはポストペイドプラン向けに5Gサービスを提供する。

端末の購入を伴わないSIMカードのみの契約では月間データ通信容量が100GBで月額料金が388香港ドル(約5,400円)、月間データ通信容量が200GBで月額料金が688香港ドル(約9,500円)となる。

端末の購入を伴う場合は月間データ通信容量が100GBで月額料金が638香港ドル(約8,800円)、月間データ通信容量が200GBで月額料金が938香港ドル(約12,900円)となり、端末購入クーポンは前者が6,000香港ドル(約82,800円)分、後者が7,500香港ドル(約103,500円)分が付与される。

Hutchison Telephoneは5G向け周波数として3.3GHz帯および3.5GHz帯の割当を受けている。

具体的には3.3GHz帯が3300~3330MHzの30MHz幅、3.5GHz帯が3560~3600MHzの40MHz幅となる。

5Gの通信方式はNR方式を導入することが決定しており、NR Bandは3.3GHz帯と3.5GHz帯ともにFR1のn78となる見込み。

3.3GHz帯も世界的には3.5GHz帯と呼称される範囲に含まれるが、香港特別行政区では屋内専用の周波数が割当されており、屋内専用の周波数が3.3GHzと明確に分けられている。

3.5GHz帯の40MHz幅は屋内と屋外の両方で利用できるが、3.3GHz帯の30MHz幅は屋内のみに制限される。

香港特別行政区では2020年4月1日より3.3GHz帯および3.5GHz帯の利用が可能となるため、制度上は2020年4月1日より5Gサービスを提供できる。

そのため、Hutchison Telephoneは他社の動向に関係なく香港特別行政区で最初に5Gサービスを商用化することになる。

3 Hong Kong

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK